SMクラブは容姿に関係なく働ける!女王様の給料も紹介!

SMと聞いて思い浮かべるのは、ムチを持ったボンデージ姿の女王様がM男を調教している光景。

プライベートのセックスでSMプレイをしている女の子は少ないと思われますが、実は、女王様に憧れる女性は潜在的に多いのです。

内なる欲求を満たすにあたりSMクラブは最適。

豚野郎のM男をムチやヒールで徹底的に調教する様子を想像しただけで、Sな子は興奮すること間違いなし。

けれど実際、女王様になりきってM男たちを痛めつけるのは容易ではありません。

相応の演技力が求められ、何より想像以上に辛いからです。

SMクラブでは容姿はほとんど不問。ですが女王様になりきるには資質も必要です。

SMクラブで容姿は重視されない

風俗店では容姿の良い女の子ほど稼ぎやすいのが普通です。

が、SMクラブにおいては容姿はさほど重要ではありません。

理由は、「いかにお客さんを調教できるか」が重要だからです。

M男が喜ぶような罵声や苦痛を効果的に与えられれば、容姿や年齢はほとんど関係ありません。

ところで、女王様といえばボンデージ。

とてもエロティックなデザインなのでプレイの雰囲気を盛り上げるには十分です。

可愛い女の子がそうした格好をするのは、イメージ的にそぐわないかも知れません。

それゆえ、特にハード系SMクラブでは容姿不問が顕著です。

ウブな子や10代の子より、痴女の方がしっくりくると言えます。

逆に、ソフト系かつ女の子がM女の役なら、若い子ほど好まれます。

可愛い子をS男のお客さんが調教する、と言うイメージが浸透しているからです(緊縛系のAV・ゲーム・アニメ・マンガにおいても同じ)。

よって、受け身の女の子にはソフト系のM女がオススメ。

対して、ハード店で求められるのは「演技力」と「忍耐力」。

プレイ中は完全に女王様になりきるわけですから、リアルさが求められます。

中途半端な演技力ではお客さんは満足しません。

また、忍耐力は精神力を指します。

徹底的にお客さんを痛めつけるため、時として自分の言動に強い罪悪感を覚えることがあるためです。

いくらプレイの一環だとは言え、ハマりすぎると現実との区別がつかなくなってしまうことも。

良心の呵責から耐えられなくなってしまうのです。

当のお客さんにしてみれば徹底的に痛めつけて欲しいわけですが、女の子にとっては過酷そのもの。

実際、長続きする子は多くないと言われています。

SMクラブの給料は?女王様の収入

SMクラブはソープの次に高収入な仕事。

ハード系は特に非常にお金になります。

サービス内容が過酷ゆえ、収入が大きくなるのが通常です。

具体的な数字として、バックの目安は「60分1万円~1万5,000円」。

ちなみにM女の場合は「同9,000円~1万2,000円」。

前者の方が特殊なプレイをおこなう分、単価が高く設定されています。

確実に稼ぐなら断然女王様。

スキルが上がるほどリピーターが増えていき、収入は右肩上がり。

Sっ気のある女の子なら難なく女王様をこなせることでしょう。

自分の得意分野ですから、その延長線上に仕事があるということになります。

 

有料オプションに数多く対応することで収入を増やせます。

例えばロウソク、アナルファック、浣腸、剃毛、放尿などが代表的。

また、SMは「刺激の強いヘルスサービス」ですから、フェラや素股、69、クンニなども普通にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *