18歳未満は風俗で働けません! 年齢確認が必要です。

「私、ルックスに自信あるからイッパイお客さん呼べるかも」

なんて思ってる女の子いませんか?

確かに若くて可愛い子は人気が出ますが、それは18歳以上の子の場合。

それ未満ではそもそも風俗で働けません。

入店の際には必ず求められる年齢確認。その重要性について解説していきます。

なぜ18歳未満はお断りなのか

風営法の規定により、18歳未満の者を風俗に従事させてはいけないことになっています。

もしお店が法律違反すれば、経営者や店長は逮捕され、お店は無くなってしまいます。

では女の子はどうかと言うと、安心して下さい、逮捕はされません。

せいぜい注意やお説教と言った指導で済みます。

多くのお店は法律を守って営業しています。

入店希望者が現れれば面接の際に身分証明証を提示させ、

年齢が確認できなければ入店させることはありません。

厄介なのは、年齢確認が必要だと知りながらそれをしないお店。

時折、本当に知らなかったと主張するケースがありますが、それは明らかにおかしいのです。

なぜなら、風俗営業をするには警察に届出をしなければいけないため。

経営者や店長はしっかりとルールを守って営業する義務があるのです。

高校在学中の18歳以上はどうか

法律で禁止されているのはあくまで「18歳未満」。

よって18歳になった段階で風俗で働けることになります。

そこで疑問に思うのは、高校に在学中の場合。

いくら法律上は問題無くても、女子高生が風俗で働いていいのでしょうか。

答えは、「働けない」。

いくら法律上の要件を満たしていても、

仮にも高校生がいかがわしい仕事をするのは倫理上よろしくないとして、お店側が拒否してきます。

万一、高校生を働かせていると学校や警察にバレれば、そのお店は徹底的に非難されるでしょう。

場合によっては閉店に追い込まれるかも知れません。

一度警察に目を着けられると、例え法律を守っていてもお店にとって不利。

極力そうしたリスクを排除すべく、優良店なら女子高生を入店させることは一切ありません。

身分が分かれば何でも良い訳ではない

法律上の決まりがある訳ではありませんが、

たいていのお店は「顔写真つき」の身分証明証を求めてきます。

確実に本人と一致するかどうかを確認するためです。

顔写真つきのものとしては、「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」が挙げられます。

では、学生証や社員証はどうかと言えば、

明らかにそこに在籍していると言うことにはならないのでアウト。

保険証は公的な証明書になりますが、顔写真が無いのでこれもアウトです。

これらに加え、「本籍地入りの住民票」も提出しなければなりません。

これは、法律の規定で従業員名簿を3年間保管する義務があるから。忘れずに取得しておきましょう。

これらの提出を求めないお店はすべて違法店舗です。

後々トラブルに巻き込まれる可能性が高いので、こうしたお店に入店してはいけません。

身分証明証の偽造は犯罪

18歳に達していないけどどうしても働きたいからと、身分証明証を偽造する女の子がいます。

これは絶対やってはいけません。公文書偽造となり逮捕されてしまいます。

彼女達が利用するのは、偽造公文書を作成する専門業者。

卒アルなどの写真を用い、本物そっくりの免許証やパスポートを作ります。

10万程度で簡単に作れてしまうこともあり、利用者が多いのだとか。

繰り返しますが、絶対にこの手の業者を頼ってはいけません。

ソープでは20歳以上でないと働けないことがある

ソープは他の業種より濃厚なサービス、すなわち本番があるのが売り。

それゆえ、たとえ18歳に達していても採用しないケースが多々あります。

これは格安・大衆・高級いずれにも当てはまります。

先の説明と同様、お店は警察とのトラブルを避けるために、こうした措置を取っているのです。

面接時に必ず確認

身分証明証の提示を求めない場合は、

身分や年齢の確認はしないのですか?」と尋ねましょう。

まっとうなお店なら忘れることは有り得ないので、

「うちはそう言うの要らないから」などと言われたらすぐにお店を後にすべきです。

どうしても働きたいからと、お店に言われるままに悪事に手を染めるようではいけません。

ルールを守らないお店は何かとトラブルを起こしがち。

給与の未払いや待遇が悪いなど、女の子を搾取しようとしてきます。

もし可能であれば、

「○○と言うお店は年齢確認をしませんでした」と警察に垂れこんでも問題ありません。

悪質店が1つでもなくなれば、女の子は安心して働けるからです。

 

18歳未満の女の子は風俗で働けません。

さまざまな事情でお金が必要になることはあれど、ルールである以上、従うまでです。

お店も女の子とトラブルを抱えたくありません。

断られたら2度と来るな、と言うのではなく、18歳になったらまた来てね、と言っているだけのこと。

18歳に達し、高校も卒業したなら、どんどん応募してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *