若さを武器にする風俗嬢が気を付けるべきこと

風俗嬢=10代~20代前半までの女の子を思い浮かべるでしょう。

風俗のお客さんには「とにかく若い子がいい!」と考える人が多くいます。

それに、お店としても若い子に入店してほしいため、若い風俗嬢はそれだけで価値があります。

しかし、単に若い・可愛いというだけでは必ずしも稼げるわけではなくなりました。

18歳や19歳といった非常に若い子であれ、接客がイマイチだとお客さんはつきません。

なぜ若いだけでは通用しないのか、説明しています。

風俗は接客業

「風俗は究極の接客業」という言葉が示すように、風俗は間違いなく接客業です。

お客さんをいかに満足させられるかが重要。

サービスの質は女の子自身、ひいてはお店の評価にダイレクトに関わってきます。

風俗が他の接客業と違う最大の点は、肉体的な接触を通じてお客さんの心と体を癒してあげるということ。

スキンシップや性的行為でお客さんの欲望を満たすことが、風俗嬢の仕事です。

仕事の質が悪ければ当然お客さんは満足しませんし、リピーターになることも恐らくないでしょう。

18歳や19歳と言うだけでお客さんウケするのは事実です。

接客の質があまり高くなくても、若さそれ自体が武器になるからです。

10代かつ未経験の新人なんて聞けば、一部のお客さんは飛びついてきます。

ソープであれ、デリヘルであれ、業種問わず若い子は人気を呼ぶものです。

ただ、入店直後はそうしたお客さんから指名されるかもしれませんが、そう長くは続きません。

新人期間を過ぎてもコンスタントにお客さんを呼べる実力がないと、稼げる風俗嬢として生きていくことは難しいのです。

また、お客さんからしても、高いお金を払って来ているのですから、当然質の高いサービスを求めています。

それこそ有り余るほどお金を持っているお金持ちならばいざ知らず、

ごく普通のお客さんにとっては風俗で使うお金もとても貴重。

払うお金に見合ったサービスを受けられることが、お客さんにとって重要なのです。

いくら可愛い顔やとびっきりのスタイルの女の子であっても、いわゆるマグロだとお客さんは離れていきます。

風俗は接客業という意識をもつことが重要です。

接客以外に注意する点

 

例えば、見た目や服装、言葉遣いといった基本ができていないと、若かろうがベテランであろうが稼げません。

当たり前すぎて拍子抜けするかもしれませんが、これはとても重要です。

風俗嬢はお客さんに見られる仕事。

何も裸の姿だけではありません。

メイクやアクセサリー、清楚な服装、接客に携わる身に相応しい言葉遣いなどすべて、お客さんは細かく見ています。

これくらいなら大丈夫だろう、と思っていてもお客さんには全て筒抜け。

風俗だからこそ、他の接客業よりもお客さんはサービスの提供側に敏感になっています。

次に、慢心してはいけないということについて。

先にも紹介したように、若いだけである程度お客さんが付くのは事実です。

どうすればコンスタントにお客さんを呼べるか、それは初心を忘れてはいけないという点に関係します。

チヤホヤされているのが普通のことだと思ってしまうと、とたんに努力をしなくなる子がいます。

これでは接客の質が上がるどころか、逆にどんどん下がっていくことに。

自分は何もしなくても稼げるんだという慢心が、こうした事態を引き起こします。

どんなに稼いでいても初心に立ち返る、というスタイルの風俗嬢は安定して稼げるのです。

気の緩みやうぬぼれは大敵。

お客さんは満足しないし、女の子自身もいずれ惨めになってしまうため、特に注意が必要です。

努力しなくても稼げる、というほど風俗の世界は甘くありません。

タフさが必要

風俗嬢は仕事柄、日常的にストレスを抱え込みがち。

仕事上のあらゆる煩わしさや苦痛に負けて病んでしまう子がいます。

一方で、タフな精神力で乗り切っている子も確かにいます。

風俗で働く以上、ある程度の「強靭さ」は必要です。

素直さや謙虚さももちろん大事ですが、最終的には心の強さがものをいいます。

風俗の仕事は重労働。

肉体的な疲労はもちろん、精神的な疲労も計り知れません。

肉体的疲労は休息すればある程度は回復しますが、精神的疲労はなかなか回復しないことも多々あります。

心を強く持つことが精神的疲労を和らげる、もしくは疲労を感じさせないことにつながるといえます。

10代の非常に若い年齢は、女の子にとって最も魅力ある時期。

そうした時期に以上のようなタフさを身につければ、それ以降の仕事に絶対役立ちます。

努力しても稼げない時

頑張ってもなかなか稼げないならば、思い切ってお店を替えてみるという手があります。

同じ業種でもいいし、他業種でもOK。

もしかしたら現在在籍しているお店が、自分に合っていないだけかもしれません。

移籍して稼ぎが変わったという例はいくらでもあるため、お店を替えるという考えもアリです。

例えば、若さを売りにしているお店ならば、お客さんが付いてくれる可能性が高まります。

もちろん、接客サービスに抜かりがあってはいけませんが、やはり若さは最大の武器

若い子と遊びたいお客さんはたくさんいるので比較的楽にお店が見つかるでしょう。

若さだけで生き残れるほど風俗業界は甘くありません。

可愛いだけのマグロ嬢と、そこまでルックスはよくないものの、

質の高い接客を心がけている子とでは、後者を選ぶお客さんが圧倒的に多いのが事実。

お客さんに満足してもらえるよう、接客に抜かりがあってはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *